ソヨゴ

2019年6月

ソヨゴの別名

  • ソヨギ
  • フクラシバ
  • フクラモチ

ソヨゴの特徴

ソヨゴの葉は革質であまり密に生えず、風が吹くと触れ合いソヨソヨと音を立てる。
10月頃、緑色の葉の間から伸びる果柄の先に、小さな赤い実をたくさんつける。
ソヨゴは雌雄異株で、雄花は花序を出し、3~8個の花を咲かせる。

ソヨゴは、水はけと日当たりのよい、肥沃な土地を好むが日陰にも耐える。
萌芽力が強いため、初心者向きの樹木として最適。
また、和風いずれの庭にも合わせられるため、庭づくりのベテランの方でも楽しめる。

ソヨゴの管理方法・育て方

植えつけ :3~4月、9月が適期
肥料   :寒肥として油かすや骨粉など緩効性の肥料を施す。
病害虫  :カイガラムシ、すす病
病害虫対策:剪定により風通しをよくして予防する。

ソヨゴの剪定方法

ソヨゴの剪定は、3月と新梢が固まる6月が適期。
枝を透かして風通しをよくする。

ソヨゴの開花時期など 参考

開花:5月から6月
剪定:3月、6月
果実:9月から12月
寒肥:1月から2月

ソヨゴの花言葉

先見の明
ソヨゴは、雨が降らず地面が乾燥したやせ地でも育つよう、ぶ厚く丈夫な葉っぱをもっています。この姿から、「先見の明」という花言葉が付けられました。

引用 HORTI

ソヨゴの価格帯

成木:26,000円
苗木:2,000円

スポンサーリンク