サンショウ

2019年6月

サンショウの別名

  • ハジカミ

サンショウの特徴

果実が香辛料として使われるサンショウは新芽や若葉にも独特の芳香がある。
葉は羽状複葉で小葉は11~19枚ほどつき、小葉にはミカン科独特の油点がある。
葉のつけ根に黄緑色の花をたくさんつける。果実は秋に赤く熟す。

生命力が強く、よく芽吹き、多く枝分かれして伸び刈込にも強い樹木。
日当たりの良い場所を好むが半日陰にも耐える。
ほとんど棘がない<朝倉山椒>や、黒紫色の葉をもつ<紫葉>などの園芸品種もある。

サンショウの管理方法・育て方

植えつけ:12月から3月が適期だが、極寒期は避ける。
肥料  :植えつけ時に堆肥、油かす、骨粉を元肥として施し、冬季に寒肥を施す。
病害虫 :アゲハチョウの幼虫などがつくため、見つけしだい捕殺する。

サンショウの剪定方法

葉の落ちた12月~3月に、混みすぎた徒長枝を剪定する。
前年の短枝の先には花芽がついているので注意する。

サンショウの開花時期など 参考

開花:4月から5月
果実:8月から10月
剪定:1月から3月、12月
肥料:6月から7月
寒肥:1月から3月

サンショウの花言葉

健康
〘名〙① 体の状態。体の良い状態に重点をおいて、異状があるかないかという面からいう。

コトバンク

魅惑
人の心をひきつけ、まよわせること。 「人を-する美しさ」 「 -的な女性」

コトバンク

好意
〘名〙① 人に対していだく、親切な心。その人のためを考えてしようとする気持。

コトバンク

サンショウの価格帯

成木:3,000円
苗木:1,000円

スポンサーリンク