メギ

2019年6月

メギの別名

  • コトリトマラズ
  • コトリスワラズ
  • ヨロイドオシ

メギの特徴

高さ1~2mほどの低木で、根もとからわかれて茂みをつくる。
葉が変化した小さな針状の棘がある。これにより、コトリトマラズの別名がある。
原産地は日本だが、ヨーロッパで改良が行われ、多彩に変色する園芸品種がつくられた。

細かい棘を活かし、庭のボーダーや、犬猫よけの柵代わりなどにも用いられる。
夏には暑い日差しで葉焼けすることがあるため、日よけ対策をすると良い。

メギの管理方法・育て方

植えつけ:落葉期の12月から3月。
肥料  :2月から3月に堆肥や鶏糞を施し、夏場に緑の色をよくするため
     6月にカリウム成分を主体にした肥料を施す。
病害虫 :対策の必要なし。

メギの剪定方法

年に1、2回剪定をして樹形を整える。剪定の際、棘に注意し、厚手の手袋を着用する。

メギの開花時期など 参考

開花:4月
剪定:1月から2月、6月、12月
寒肥:2月から3月
追肥:6月

メギの花言葉

  • 過敏
  • 気の強さ
  • 激しい気性貴方
  • 過敏気の強さ激しい気性貴方の助けになる

メギの価格帯

成木:2,500円
苗木:800円

スポンサーリンク