イヌツゲ

イヌツゲの別名

  • ビンカカズ
  • カシラケズラ
  • ビンカ

イヌツゲの特徴

イヌツゲの葉は小さく枝に密生し、5月~6月ごろに淡黄白色の小さな花をさかせる。
また、イヌツゲは萌芽力に優れるため、刈込に強く、玉仕立てやトピアリーなど
さまざまな形に仕立てて庭をかざることができる。
また、雌雄異株で、10月~11月に黒紫色の果実が熟す。

日陰にも耐える陰樹だが、日当たりのある場所でも育つ。

イヌツゲの管理方法・育て方

植えつけ :盛夏と厳冬期を除いて一年中可能。
肥料   :寒肥として緩効性の有機質肥料と化成肥料を混ぜて施す。
病害虫  :ハマキムシ、カイガラムシ、すす病
病害虫対策:風通しをよくして予防する。

イヌツゲの剪定方法

6月に剪定を行い、夏に思いきった刈り込みをする。
秋には形を整える程度の剪定をする。

イヌツゲの開花時期など 参考

開花:5月から6月
剪定:6月、9月
追肥:未成木に限り6月から7月
寒肥:1月

イヌツゲの花言葉

魅惑
( 名 ) スル人の心をひきつけ、まよわせること。 「人を-する美しさ」 「 -的な女性」

出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報

イヌツゲの価格帯

成木:29,000円
苗木:600円

スポンサーリンク