イヌコリヤナギ

2019年6月

イヌコリヤナギの別名

  • ハクロニシキ

イヌコリヤナギの特徴

幹の下部から多数の枝を出し、高さ2m~3mに成長し水辺など湿った場所を好む。
葉がピンク、白、クリームと変化し、夏には緑色に戻る。
雄株と雌株があり、3月~5月頃、小さな花がたくさんついた円柱型の穂を出し
雌株は花のおよそひと月後に白い綿にくるまれた種を飛ばす。

©Selso

イヌコリヤナギの管理方法・育て方

植えつけ:葉が落ちたあとの12月から3月が適期。
肥料  :ほとんど必要なし。
病害虫 :まれにヤギルリハムシの食害を受けることがある。

イヌコリヤナギの剪定方法

日当たりのよい場所では、生長が早く、樹形が乱れがちになる為
12月下旬~1月下旬に切り戻し剪定か、刈り込みをして樹形を整える。
剪定後は、新たに萌芽した葉色を楽しむことができる。

イヌコリヤナギの開花時期など 参考

開花:3月から5月頃
果実:なし
剪定:6月から7月、12月から1月
施肥:6月
寒肥:1月から2月

イヌコリヤナギの樹形と葉のかたち

葉の形:単葉
樹形:株立ち

イヌコリヤナギの花言葉

移り気
[名・形動]《古くは「うつりき」とも》
 興味の対象をたやすく別のものに向けること。また、そういう性質。浮気。「移り気な薄情者」
 ふとしたはずみで起こる感情。特に異性にひかれる思い。出来心。
「みなこれ男を思ふより、その時々の―にて」〈人・梅児誉美・三〉

コトバンク

心変わり
( 名 ) スル① 愛情・忠誠心・好みなどが、他の人や物に移ること。変心。 「恋人が-したのを悲しむ」② 心が常と違うようになること。 「心ひとつに思し嘆くに、いとど御-もまさり行く/源氏 葵」

コトバンク

イヌコリヤナギの価格帯

成木:3,000円
苗木:800円

スポンサーリンク