ゲッケイジュ

2019年6月

ゲッケイジュの別名

  • ローレル
  • ローリエ
  • ゲッケイ

ゲッケイジュの特徴

洋風の庭によく似合う樹木で、古くから地中海沿岸で栽培されている。
芳香があり葉はハーブやスパイスとして利用できる。
古代ギリシアでは、競技の勝者にこの木の枝葉で編んだ冠(月桂冠)が与えられていた。
記念樹とされることが多い。

水はけがよく、肥沃な土地を好み、萌芽力が強いが
風当たりに弱く、特に土壌が浅いところでは倒れやすい。
あまり高くならにように剪定するか、支柱を立て支える必要がある。

ゲッケイジュの管理方法・育て方

植えつけ :3月~6月が適期。移植は難しい。
肥料   :寒肥としてリン酸とカリウムを中心にした肥料を施す。
病害虫  :カイガラムシ、すす病
病害虫対策:よく剪定を行い、風通しをよくする。

ゲッケイジュの剪定方法

土地が浅く、風の強い場所では高さを抑え、込み合わないように不要枝を剪定する。

ゲッケイジュの開花時期など 参考

開花:4月
剪定:3月から4月、6月から7月、10月
寒肥:1月から2月

ゲッケイジュの花言葉

栄光
 輝かしいほまれ。大きな名誉。光栄。「優勝の栄光」
 幸いを表す光。「神の栄光」

コトバンク

勝利
[名](スル)
 戦いや争いなどで、相手に勝つこと。「決勝戦で―を得る」「賃金闘争に―する」⇔敗北
 (勝利)仏語。すぐれた利益(りやく)。

コトバンク

栄誉
輝かしい誉れ。栄名。「受賞の栄誉に浴する」「地域代表の栄誉を担う」

コトバンク

ゲッケイジュの価格帯

成木:8,000円
苗木:1,200円

スポンサーリンク