ブナ

2019年6月

ブナの別名

  • シロブナ
  • ソバグリ
  • ホンブナ

ブナの特徴

日本の代表的な落葉樹。秋に美しく黄葉して葉を落とす。
自生地では30mを超える巨樹もあり、大きくなるが庭植えではあまり大きくならない。

日向から半日陰の肥沃な土地を好む。

ブナの管理方法・育て方

植えつけ:12月、2月から3月が適期(移植は困難)
肥料  :庭植えではほとんど必要なし(コンテナでは春に置き肥をする
病害虫 :カミキリムシなど
対応策 :根もと付近に木くずがこぼれ穴があいていたら
     ダイアジノンなどの殺虫剤を入れ、土などで穴を塞ぐ

ブナの剪定方法

葉のついていない時期に行い、枝が混みすぎないように
切り戻し剪定をする。自然樹形を生かす場合、軽く整枝する。

ブナの開花時期など 参考

開花:5月
果実:なし
剪定:1月から3月、12月
施肥:6月から7月
寒肥:1月から3月

ブナの花言葉

繁栄
[名](スル)豊かにさかえること。さかえて発展すること。「社会の繁栄」「子孫が繁栄する」

コトバンク

ブナの価格帯

成木:16,000円
苗木:2,000円

スポンサーリンク