アオハダ

2019年6月

アオハダの別名

  • アオサ
  • ウメモドキ
  • クマネリ

アオハダの特徴

幹は直立して上部で太い枝を伸ばし、自然にきれいな樹形になる
雌雄異株で花は5月~6月に咲き、秋には黄葉も見られる。
雌株は9月~10月頃に球形の赤い小さな果実が熟し、果実めあてに小鳥が集まる。

やや生長が早く、土の深い肥妖な土地を好み、実生から育てることができる。
葉の下面に毛が生えないケナシアオハダや、長楕円形の葉をもつホソバアオハダもある。

アオハダの管理方法・育て方

植えつけ:12月から3月の落葉期に行う。移植も同時期。
肥料  :肥料はほとんど不要だが、寒肥を施す。
病害虫 :とくになし。

アオハダの剪定方法

伸びすぎた枝を切り戻し、混み枝を透かす程度にする。
あまり剪定をする必要はない。

アオハダの開花時期など 参考

開花:5月から6月
果実:9月から12月
剪定:1月から3月、6月から7月
施肥:6月から7月
寒肥:2月から3月

アオハダの価格帯

成木:20,000円
苗木:2,000円

スポンサーリンク